公開日: |更新日:

GIGAスクールの利用前に指導しておきたいパスワード管理

パスワードは他の人に教えてはいけない

児童や生徒によっては、「アカウント」や「パスワード」の概念を初めて学ぶ子どももいるでしょう。発達段階に応じて、アカウントやパスワードとは何か、他人に教えてはならないこと、自分でしっかり管理する必要があることを理解させるための工夫が必要です。
一つの方法として、アカウントを住所、パスワードを鍵に例えることが考えられます。家の鍵を他人に渡すことが良くないことは、低学年の児童であっても理解できるのではないでしょうか。

パスワードを教えた場合のリスク

コンピュータやタブレットなどに保存した情報を見られてしまったり、サービスなどを勝手に使われてしまったりなど、パスワードを他人に教えた場合のリスクを指導することも大切です。コンピュータやタブレットはパスワードを使ってロックをかけておくことができますが、パスワードを教えるとロックが解除されてしまいます。また、インターネット上で使えるサービスはIDとパスワードでログインするものが多いですが、パスワードを教えると勝手に使われてしまうリスクについて教えておきましょう。
また、もし教えてしまった場合の処置についても事前に準備しておきましょう。家族以外の友達に伝えてしまった場合でもパスワードの変更が必要です。見られてしまった可能性がある場合には変更するように指導しておきましょう。

パスワードを安全に管理するには

リスクを抑えたパスワードの作成

パスワードを安全に管理するには、リスクを抑えたパスワードを作成することが重要です。リスクを抑えたパスワードとは、他人に予測されにくくて、機械的な処理で割り出されにくいものを指します。機械的な処理で割り出すことができる「パスワードクラッカー」と呼ばれるツールが、インターネットなどで配布されているのはご存じでしょうか。
容易に予測されないためには、個人情報や英単語を使用しないこと、アルファベットと数字の両方を使用すること、適切な長さにすることなどが必要です。

パスワードの保管

パスワードを安全に管理するには、パスワードの保管方法に気をつけることも大切です。他人に教えないことが、基本的な方法ですが、自分で忘れないようにメモした場合は、他人に見られないようにすることも指導しましょう。

パスワードは複数のサービスで使いまわさない

パスワードを安全に管理する方法としては、パスワードを複数のサービスで使いまわさないように指導することも必要です。複数サービスで同じパスワードを使いまわしていた場合、もし一つのパスワードが割り出されたら、他のサービスにも不正にログインされてしまう可能性があります。

関連ページ

デジタル採点システム比較ガイド|先生にも生徒にも優しいらくらく

GIGAスクール構想
ICT支援員について
GIGAスクールで教員の負担はどう変わる?
GIGAスクール構想で必要なものとは?
GIGAスクールサポーターについて
GIGAスクール構想の抱える課題とは
便利な機能で業務効率がアップ導入前のお試し期間がある
採点システム3選
百問繚乱
百問繚乱公式HP
導入前の
お試し
無料
料金 9万円~
システム
環境
クラウド型/
オンプレ型
弱点対策
テスト作成
自動
EdLogクリップ
採点支援システム
EdLogクリップ採点支援システム公式HP
導入前の
お試し
有料
料金 要問合せ
システム
環境
インストール型
弱点対策
テスト作成
手動
採点ナビ
採点ナビ公式HP
導入前の
お試し
無料
料金 要問合せ
システム
環境
インストール型
弱点対策
テスト作成
手動

・お試し期間:無料有料に関わらず、導入前にトライアル期間があるかどうかを解説しています。
・弱点対策テスト作成:採点結果から、生徒のニガテを克服するための対策テストを作成できる機能の有無。データベースをもとに自動的に問題作成をしてくれるものもあります。

※導入前のお試し期間があり、採点結果の分析や弱点補強問題を作成できる機能を持ったシステムを選定しています(2020年10月2日調査時点)。
※各機能は追加オプションであり、基本料金には含まれていない場合もございます。