公開日: |更新日:

Division Marker

Division Markerでは、システムの提供を行っています。大量のデータを採点処理する能力を持っていて国内と国外のスタッフが業務を行っているDivision Markerの特徴やサポート体制について調べています。

Division Markerの特徴

運用実績7年で導入は30社

マークシート式や記述式等の採点を行なっているシステムで、スキャンしたデータの問題を切り分けて、問題の内容によっては、担当を分けてWeb上で採点をしています。導入実績は、30社で、年間の処理実績は1,500万枚、運用実績7年となっています(2020年10月時点、公式HPより)。

Division Markerのサポート体制

同時に自動処理をするので時短できる

採点とデータエントリーの同時進行により、コストカットが実現し、採点に必要になる時間を短縮することができる方法で行なっています。手間とコスト両方がカットされています。

また、納期が短く生徒や先生にとっては大きなメリットとなっています。納期は希望に合わせ設定しています。データとしてサーバーに保管することによって、安全で紛失の心配もなく、このようなリスクの軽減に繋がっています。さらに、いつまででもデータの観覧もでき、即時に要望等に応えることができます。

Division Markerを導入した学校の口コミ・導入事例

口コミの記載はありませんでした。

Division Markerの主な機能

学力調査テストで700万枚の処理

国の学力調査のテスト採点業務等で700万枚の答案用紙を処理しています。全国の採点者500名とコンバイン中国採点300名によりスムーズな採点処理を行なっています(2020年10月時点、公式HPより)。

採点と集計と成績表の作成

採点結果の集計だけではなく、成績表の作成も行なっています。そのほかアンケートなどの集計、模擬試験等大規模な採点業務も請負うことができる処理能力を持っています。国内国外と専門のスタッフがいます。

400名の専門社員が高速作業を行う

コンバイン中国入力センターをもち、400名の社員による高速作業を行なっています。セキュリティ面でも対策が施されており、中国黒竜江省から技術先進型企業として認定されています(※)。

※参照元:コンバイン公式HP(http://www.combine.co.jp/outsourcing/index.html)2020年10月2日時点

Division Markerの会社情報

運営会社 コンバイン株式会社
導入実績 記載なし

関連ページ

デジタル採点システム比較ガイド|先生にも生徒にも優しいらくらく

話題の採点支援システム・21社一覧
採点システムMATES
採点ナビ
チェックメイツ
SGS
デジらく採点2
便利な機能で業務効率がアップ導入前のお試し期間がある
採点システム3選
百問繚乱
百問繚乱公式HP
導入前の
お試し
無料
料金 9万円~
システム
環境
クラウド型/
オンプレ型
弱点対策
テスト作成
自動
EdLogクリップ
採点支援システム
EdLogクリップ採点支援システム公式HP
導入前の
お試し
有料
料金 要問合せ
システム
環境
インストール型
弱点対策
テスト作成
手動
採点ナビ
採点ナビ公式HP
導入前の
お試し
無料
料金 要問合せ
システム
環境
インストール型
弱点対策
テスト作成
手動

・お試し期間:無料有料に関わらず、導入前にトライアル期間があるかどうかを解説しています。
・弱点対策テスト作成:採点結果から、生徒のニガテを克服するための対策テストを作成できる機能の有無。データベースをもとに自動的に問題作成をしてくれるものもあります。

※導入前のお試し期間があり、採点結果の分析や弱点補強問題を作成できる機能を持ったシステムを選定しています(2020年10月2日調査時点)。
※各機能は追加オプションであり、基本料金には含まれていない場合もございます。