公開日: |更新日:

デジらく採点

デジらく採点では、教育現場等の声に耳を傾け、さまざまなシステムを提供しています。クラウドサービス等を活用し、効率の良いシステムなどを提案しているデジらく採点の特徴やサポート体制についてまとめています。

デジらく採点の特徴

スキャナの機能をフル活用してシステムの提供

デジらく採点では、スキャナで読み込むことができるマークシートを使用し、シートのカスタマイズも可能です。全てを行うアウトソージングサービスでは、マークシートの作成から、集計まで全てを任せられるシステムになっています。常に現場の声を聞き、教育機関で働く方々の意見を参考にしてて、問題解決ができるシステムの開発や提案を行なっています。教育機関で働く方々の意見を参考にし、ベストな提案を行なっています。

低価格で対応できるシステムなど様々なサービスがありますが、代表的なシステムのひとつとして、タブレット採点があります。クラウドサービス等を活用して、場所を選ばずどこででも採点業務ができたり、記述式シートの確認ができます。スキマ時間を有効に使うことができるようになります。

デジらく採点のサポート体制

ネットをフル活用した採点システムを行なっている

タブレット採点では、PCとデータの共有ができ、メール等で細かい詳細などのお知らせができます。答案用紙をスキャナーで読みとり、PCに取り込んで、Dropboxを使い、タブレットでデータを確認することも可能。「タブレット採点forらく点先生2」というアプリをインストールすることで、採点や添削をより効率的に進めることができます。

その他、従来のマークシートから、必要なテンプレート等を無料でダウンロードし、スキャナーや用途に合わせたものをすぐに入手できます。公式サイトでは多くの種類のマークシート、各種テンプレートを確認できます。

デジらく採点を導入した学校の口コミ・導入事例

口コミの記載はありませんでした。

デジらく採点の主な機能

スマホやタブレットにも対応

専用のアプリをダウンロードし、これまでの全ての採点業務がクラウド上でできるシステムです。操作も簡単でネット環境と、Dropboxと、専用のアプリをダウンロードしデータを開くだけです。外出先のちょっとした空き時間でも、どこでも採点ができるようになっています。

多くのマークシートを準備しています

一般的な定番のスタイルのものから、三つ折りマークシート、A5サイズのマークシートなど教育現場以外での活用ができるものなど、それぞれの現場で必要になってくるものばかりを取り揃えています。無料のものから有料と幅広く扱っているので、用途にあったマークシートがみつかります。

15種類の中から用途にあったものを

マークシートを読み取るスキャナーは15種類のものから用途にあったものを選べます。価格も機能も様々で高額なものから、低料金のスキャナーまで取り扱いを行っています。また、スキャナーに付属するソフトウェアが無料で、スタッフによる電話やメールの無料サポートもあります。

デジらく採点の会社情報

運営会社 スキャネット株式会社
導入実績 記載なし

関連ページ

デジタル採点システム比較ガイド|先生にも生徒にも優しいらくらく

話題の採点支援システム・21社一覧
Division Marker
Gradescope(グレードスコープ) 
SSくんⅢ
Remark Office OMR
システムアシスト
便利な機能で業務効率がアップ導入前のお試し期間がある
採点システム3選
百問繚乱
百問繚乱公式HP
導入前の
お試し
無料
料金 9万円~
システム
環境
クラウド型/
オンプレ型
弱点対策
テスト作成
自動
EdLogクリップ
採点支援システム
EdLogクリップ採点支援システム公式HP
導入前の
お試し
有料
料金 要問合せ
システム
環境
インストール型
弱点対策
テスト作成
手動
採点ナビ
採点ナビ公式HP
導入前の
お試し
無料
料金 要問合せ
システム
環境
インストール型
弱点対策
テスト作成
手動

・お試し期間:無料有料に関わらず、導入前にトライアル期間があるかどうかを解説しています。
・弱点対策テスト作成:採点結果から、生徒のニガテを克服するための対策テストを作成できる機能の有無。データベースをもとに自動的に問題作成をしてくれるものもあります。

※導入前のお試し期間があり、採点結果の分析や弱点補強問題を作成できる機能を持ったシステムを選定しています(2020年10月2日調査時点)。
※各機能は追加オプションであり、基本料金には含まれていない場合もございます。